TOKYO 2020 IDを取得してオリンピックを見よう

IDの取得

さて10連休も終わり、5月がばたばたと始まった方。何かを忘れてないだろうか?

私もライティング業・家事・Twitterですっかり準備を忘れていた。2019/5/9よりオリンピックのチケット申込が始まっているのだ。

こちらのページでは、オリンピックチケットの購入に必要なTOKYO 2020 IDの取得方法のみ記載する。その後、チケットを検討するにあたって別ページも書いているので下にリンクを貼っておく。

なぜTOKYO 2020 IDの登録をするのか?

TOKYO 2020 ID に登録しないと、観戦チケットを申込めない。
公式サイトではIDを取得するメリットとして以下を紹介している。

  1. チケットの申込・購入が可能に!
  2. 登録者だけの特典いろいろ!
  3. とことん大会を楽しめる!

より詳しく知りたい方は下記参照ページを確認してほしい。

参照:TOKYO 2020 ID のご紹介

IDの取得手順

上記のIDのご紹介ページをスクロールして、北島選手まで進むと、画面の下にやっと「IDに登録」というボタンが出てくる。少し見えづらい。

直接ID登録(ログイン)ページに行きたい方はこちらから
参照:TOKYO 2020 IDを作成(ログインページ)

ID紹介ページ

仮登録のフォーム入力

仮登録画面

これは仮登録のフォームだ。

必須の入力(選択)項目は6つ。
「メールアドレス」「 パスワード」「大会に関するメールマガジン」「 メール言語」「居住国」「都道府県」。

パスワードには強度が必要。半角と数字だけではだめだった。

※パスワードは9文字以上で英大文字、英小文字、数字全てを含んだ文字列として下さい。記号は任意で使用可能です。

公式サイト

またメルマガは受信しないも設定できる。

最後に、利用規約□、個人情報保護方針□にチェックを入れる。

好きな競技の選択

ここで、任意だけどオリンピックとパラリンピックについて、好きな競技を聞かれる。ここで真剣に考えていてはID取得が遅れるけれど、まだどんな競技があるか知らない人は見ておいても楽しい。

特にパラリンピックは知らないものもある。

入力確認画面

ここではご丁寧に、好きな競技についても記載されている。こちらに注意を取られず、入力項目を確認しよう。

ここで登録を押すと、仮登録が完了する。

仮登録完了

仮登録完了後24時間以内に、送られてきたメールから本登録をしなければならない。

だがしかし、本登録手続きのご案内メールはすぐにはやってこないのだ。

これは、申し込みが始まった5/9に限られたことではなく、4月からの状態なので焦らず待とう。

本登録手続きのご案内メールを確認

私の場合は、1時間弱で届いた。

メールの中にある「2020IDを本登録する」というテキストをクリックするだけで本登録は完了する。

本登録完了

東京2020公式チケット販売サイト

無事、本登録が完了する。
すぐにチケットを申込まない場合、家族会議が必要な場合はこのままでOK。

チケットを申込む場合

チケットを申込む場合は赤枠のボタンに進もう。私もまだ競技や日程など決めてなかったが、ちょっと販売サイトに進んでみた。

すると、TOKYO 2020 IDの情報が東京2020公式チケット販売サイトに連携するための「同意ボタン」が出てきた。
同意はするのだが、そこから先はエラーとなってしまった。まだサイトは不安定なようだ

自力でログインページへ行くが、やはり混雑はしている。

列での順番…と書いてあるからすごく待つのかと思ったけれど、実質1分くらい。お昼少し前だったからかな?お昼はもう少し混むかもしれない。

追記:5/15現在のアクセス状況だが

さて、実際に申し込む前に考えておくことがたくさんある。まだID登録だけの方は、こちらを見てから申込む方がよさそうだ。

さてオリンピックを申込むぞと思ってもなかなか簡単には行かない。一体何が問題なのか。これからオリンピックを申込む方へ、競技を決める難しさについて書いた。

ID取得の際の注意

メールが届くまでに時間がかかること、サイトが混雑していることなどから、余裕をもったアクセスを推奨する。

また、競技の内容や日程、チケットの種類、座席の種類など検討する項目はたくさんあるので事前に調べておいた方がよい。

チケット・競技・開催場所についてはこちらでも紹介しているので参考にして欲しい。

オリンピックの申込日が近づいてきた。どの競技がどこでいつ行われるのか、価格はいくらなのか。各地でオリンピックを盛り上げるためのイベントが開催され、スポンサーはキャンペーンを行っている。どうすれば安くオリンピックを体感できるのか検討した。

公式のクレジットカードやプリペイドカードを申込んで、チケット料金をそこから支払うようにすれば、キャンペーンに申し込んで特典が受けられるかもしれない。

ちなみに私は、プリペイドカード(15,000円以上のチャージが必要)を狙っている。

ぜひとも、キャンペーンに応募して観戦券など引き寄せたい!