引っ越しするなら早めの光回線申込みがおすすめ -2019年-

全てが遅いのです
全てが遅いのです

早くから計画はしてた。しかし、意味がわからない分野の進行は他と比べて著しく遅くなる。 今回の遅れは全て、私のプロバイダなどの知識がないことが敗因だ。

便利だった現在のネット環境

分譲マンション(の定期借家)は、とにかくネット環境が良かった。家賃さえ払えば、LANが使い放題。持ち主さんが管理費を払っているのだが、その中に含まれている感じ。
そう思うと家賃も、ただ高いという訳ではなかったな。

これからは、家賃は下がっても、こういったネット回線に別途月数千円を支払うことになる。ライフプランニング上でもそれを見越して5,000円ほどプラスしている。

家計の危機!まずはライフプラン

ネット回線を選んだ基準

さて、ネット回線をどういう基準で選んだかというと、もちろん①セルフバックが使えるもので、②ケーブルテレビではなく光回線、そして③トータルの支払額が少なくてすむものとした。

①セルフバックが使える

これは、ASPサービスでアフィリエイトをやっているブロガーやアフィリエイターならではの特権ではないかな。カードの申込、ドメインの申込、サーバレンタルなど、通常ブログやサイトに広告を貼る側の人間が自身で申し込むことによって恩恵を受ける仕組み。

私は引越見積りサービス(+1,100円)なんかでも使ったが、実際に広告をクリックされて商品が売れるよりも収入は多くなる。

実際にそのサービスを受けることで、商品を紹介する上でも説得力が増すというメリットもある。生活に必要な商品のセルフバックであればお得としか言いようがない。

商品を紹介すべくセルフバックで申し込んで試しているアフィリエイターの方も多いだろう。今回私は、8,000円いただけた。工事費3,000円払ってもお釣りがくる。

②ケーブルテレビではなく光回線

あまり知識がないのだが、「これからは4K8Kの時代となりケーブルテレビは下火になる」と知人が言っていたこともあり、4Kテレビもないくせにその気になっている。

いつか4Kテレビが家にやってくる日が来ても対応できるように!
その考え方自体、物が増える原因でもあるのだが、今回もまた“大は小を兼ねる作戦”にでている。

光回線の色々 暗躍妻調べ 2019/02

同僚で社長もやっている知り合いにおすすめの光回線について聞いてみると「ニューロ」が早くて良いよとのこと。初耳だ。この時点で、私はニューロを知らなかった。正しくは「NURO光 」と表記する。

NURO光 by So-net

理由は回線がまだ混んでいないから。新しくできて知名度も低いので早くて快適だと言っていた。NUROの回し者か?と思ったら、昔系列の会社で働いていたので、身内情報として知っているとのこと。信頼できるっ(個人の感想)

月々4,743円で、最大60,000円のキャッシュバックとのこと。So-net側のキャッシュバックと、運営会社独自のキャッシュバックの最大値のようだ。新規でネット回線だけだと29,000円くらいかな。

仕事とは関係がない光回線についての質問をして申し訳ないなと思っていたが、とんだところで話が広がるものだな。引っ越しについて詳しく質問してきたのもこの人だった。引っ越し屋情報を横流ししているうちに4月に引っ越すことにしたらしい。(身軽かっ)
色んな人と色んな話をしたほうがいいな。

引っ越しは悩みが多いからせめて見積り依頼業者は3社にした方がよい。大手3社の見積り比較とおすすめも記載。

話はそれがたが、その後もNUROはじめSo-netやらソフトバンク光を比べていくと、So-netでもドコモとauがあったり、NUROでもby So-netになっていることに気付いた。ほんとやめて欲しい。

SoftBank光

こちらは、CMもやっているから有名。Yahoo!BBもなんか見たことがある。ライバルはフレッツ光かな?「フレッツ光よりも安い!ソフトバンクの高速光回線」と書いてある。
表記的には一番安そう。中身を見ると、戸建て5,200円、マンション3,800円で、キャッシュバックが25,000円となっている。ソフトバンクユーザーは別途割引があるらしい。

So-net for ドコモ 光

ドコモユーザなら、So-netのドコモ回線にした方が割引がきくようだ。
戸建てなら月5,200円、マンションなら月4,000円で15,000円のキャッシュバックか。ルーター無料レンタルってお得なんじゃないのかな。

So-net 光 コラボ→So-net 光

さらに調べると、So-net 光 コラボというのを見つけた。So-netのau回線のようだ、こちらは、3年間2,980円キャンペーンをやっていた。私がみたCMはこれではないのかな?(2019/3/19現在 3年間2,780円キャンペーン!)

ドコモの方が、夫婦共にドコモユーザなので、馴染みが深いので恩恵などあるのかもしれないが、ここは格安スマホへの第一歩、思いきってauのSo-netにしようと考えた。 何といっても総額が安い。こちらが3年間というので各社3年間契約するとして、キャッシュバック分を引いてみてもここが一番安かったのだ。

きっともっと扱う会社もあるし、早いとかオプションがすごいとかいう回線も色々あるのだけど、「安い」という基準だけで選ぶのもありだと思う。ほんと疲れる。

(追記)
※ 2018 年 7 月 1 日より、So-net 光 コラボレーションは「So-net 光」に名称を変更いたしました。

(追記)
So-net 光の工事完了から数日しか経っていないが、広告バナーを見て驚いた、3年間毎月2,780円になっている。トータル7,200円減!ちょっと!

トータルの支払額(3年間)が安い

  • NURO光 はプロバイダー、セキュリティ、無線LAN込みで4,743円/月、29,000円のキャッシュバック(ソフトバンク系)
  • So-net for ドコモ光 は、戸建て5,200円/月、マンション4,000円/月で15,000円のキャッシュバック(ドコモ系)
  • 【SoftBank 光】は、 戸建て5,200円/月、マンション3,800円/月で新規だと25,000円のキャッシュバック(ソフトバンク系)
  • 【So-net 光 コラボ】 は、3年間ずっと2,980円。→2019/3/19は2,780円!
  • 工事費無料だったのか。

※新規で光回線をマンションに引き3年契約した場合の計算

NURO 4,743 × 36 – 29,000 = 141,748円
So-netドコモ 4,000 × 36 – 15,000 = 129,000円
SoftBank光 3,800 × 36 – 25,000 = 111,800円
So-netコラボ 2,980 × 36 = 107,280円→100,080円!

夫への説明

ここまでは何とか人脈とASPサイトで調べあげた。

一応任せるとは言われたものの、夫もネットで仕事をしていたのだから、私とは違う視点やこだわりがあるかもしれない。そう考え、光回線でSo-net(au系)にしたい旨を伝えた。
夫も詳しくはないようだった、生返事だ。(ただしそこから調べるタイプ。)日にちをおいた方がよさそうだ。

工事の問題

夫の返事以前に調べておく必要があった。工事の件だ。

サイトの説明を読んでいると、工事を行うので事前にマンションの管理者に許可をもらってください、とある。こういうのが面倒というか、簡単にはいかないところ。

やっと光回線を選んでもすぐに申し込めないのだ。引っ越しでなければもうあきらめてるよ。

不動産屋を通じて管理会社に工事の許可をもらう。

オプション問題

ここから先は、So-netコラボを申し込む上でのオプションをつけるかどうかの話になる。

光電話

家電話を引くか引かないか。月500円のところ、12か月は無料にしますよとある。今までなかった家電話を契約する余裕はないかな。
このあたりは自分で判断できる。

光テレビ

BSやスカパー!を視聴していたことがあるので、回線を申込むタイミングで入れば少しは工事がお得かなと思ってページを開いて愕然とした。
興味本位で見てみるがよい↓

参照:光テレビの料金表

利用料金自体は月750円(2018年12月以降)だが、初期費用3,000円やテレビ接続費6,500円など、いくらでもかかる気がしてくる。それを上回る楽しさは地上波に任せようではないか。(夫はプレミアムリーグ好きなんだけど…)

ルーターレンタル

夫は後日、So-netコラボで納得してくれていた。やはり安さが良かったみたい。
彼はその回線をどうやって各部屋に分岐するかまで考えていて、ルータだかWi-Fiだかぶつぶつ言っていた。

そのあたりもまったく詳しくないのよね。確かWi-Fiはあったと思うけど。ルーターはレンタルした方がよいのか?月400円のようだ。夫に確認しているあいだにこちらのページを見つけた。

参照:【2019最新】光回線おすすめは?光回線主要10社比較でお得に速いインターネット

詳しすぎて感動しかできない!しかし情報が多すぎて、迷う人もいるはず!
熟読しているとこの中に名言があった。

光回線の料金を安くするにはとにかく不要なオプションに入らない事です。
不要なオプションには入らない。
Wi-Fiルーターはレンタルしない。

インターネット選び、生活に役立つ節約術の紹介ブログ

力強い言葉で「不要」と書いてあり安心した。やはり、ちゃんと調べて申し込まないとだめなんだなーと反省。あやうくルータオプション月400円をつけるところだった。

(追記)
ネット回線開通後、手持ちのWi-fi(画像リンク参照)があったので、設定してみたところ、次世代の「IPv6」には対応してないものの、パスワードを入れることでなんとか部屋中に回線が届いた。2LDK用というが、3LDKでも部屋の真ん中に設置するとほぼカバーできる。3LDKの端に置いたときは、端の部屋までは届かなかった。

このWi-fiで、2019/3現在2,872円なのでやはり、レンタルはしなくてよいということになる。

本当は、スカパー!のアンテナ📡工事もしたかったんだけど、アンテナを買わないといけないし、どうせ今のテレビは小さくて古いので、今度大きな録画付きテレビに買い換えて、少しは家計が安定した頃に申し込もうかな。

オリンピックは大きなテレビで見たいしね。来年か…無理かな💧

申込みが遅くなると大変

上記を読んだ方は、もうお分かりだろうけれど、引っ越しの20日前にはスタートした「光回線」セルフバック+最安値計画だが、あっちこっちうろうろして手続きするころには、引っ越しの4日前になっていた。

先日、So-netコラボの工事マッチング担当から電話があったけれど、最短で平日を選んでも、引っ越し日の20日後しか無理という。仕事でネット回線必須の方は本当に気を付けて欲しい。

特に、ブログやサイト運営の方、引っ越し先を決めた次くらいにはネット回線の準備をしてもよいかもしれない。私は引っ越し業者選びに時間を取りすぎた。

ネット回線工事の様子

以前、マンションに住んでいた方が光の契約をしていたとかで、実質の工事時間は短かった。

さて、工事終了後に接続できているか確認するのだが、そこでさきほどのWi-fiを使うことになる。私が持っていたWi-fiは少し古いIPv4に対応しているタイプなので接続パスワードを入れると無事ネット回線がつながった。

ノートPCはWi-fi対応だったので、LANケーブルなしで接続できた。動画再生や描画、ゲームなど高度な作業をしないからなのか、とても快適。

少し離れた寝室でもスマホまで届いた。これで夫も私もギガの心配がなくなった。今度こそ夫婦で格安スマホの道にいけるかもしれない。目標は家族全員子どもまで含めても通信費を10,000円以下に押さえることだ。